マレーシア旅行 タクシーで使うマレーシア語

マレーシアを旅行するとき、仕事で動くとき、大切な足となってくれるのがタクシー(teksi)です。ここでは、タクシーに関するマレーシア語をまとめてみます。

タクシーに乗ろう!

飛行場など大きな施設からタクシーに乗る時は、タクシーカウンターに行って、行き先を告げるのが安全です。(ただし、カウンターから乗ると、ちょっとだけ値段が高いです。)

  • タクシーに乗りたいのです。
  • どこでタクシーに乗れますか?
  • タクシーカウンターはどこですか?
    • Di mana Kaunter teksi?
    • ディ マナ カウンター テクシ?

タクシーに乗ったら言おう

  • **に行きたいです。
    • Saya nak pergi ke **.
    • サヤ ナッ プルギ ク **.
  • **までいくらですか?
  • 旅行/場所

方向を指示しよう

騙されないよう必ず料金や距離を確認しましょう

  • ホテルまでどのくらい時間がかかりますか?
    • Berapa lama sampai di hotel?
    • ブラパ ラマ サンパイ ディ ホテル?
  • ホテルまでいくらですか?
    • Sampai hotel, berapa?
    • サンパイ ホテル ブラパ?
  • 30リンギです。
    • 30(Tiga puluh) ringgit.
    • ティガ プロ リンギッ
  • 20リンギにしてもらうことはできる?
    • 20(Dua puluh) ringgit, boleh?
    • ドゥア プロ リンギッ ボレ?
  • いいですよ。/ダメです。
    • Boleh./Tidak boleh.
    • ボレ  /ティダッ ボレ
  • 参考→数字について

メーターを使う

タクシーにメーターがついていますが、安くなってしまうことが多く運転手は使いたがりません。
とは言え、渋滞が予想されるときは、メーターより言い値の方が得な時もあります。

  • メーターを使ってください
    • Tolong pakai meter.
    • トロン パカイ ミーター.

タクシーに乘っている間

  • 渋滞してます
    • jam
    • ジャム

降りるとき

関連